2018年10月16日 更新

【潰したらアウト!!】アテローム(粉瘤)ってなに?治療方法は?

アテローム(粉瘤)ってご存知でしょうか? 一般的に“しぼうのかたまり”と呼ばれることがありますが、そんなアテローム(粉瘤)。自分で潰したりするのはNGと言われています。アテローム(粉瘤)って何か?治療方法についてもお伝えいたします。

402 view お気に入り 0

アテローム(粉瘤)ってなに?!

gettyimages (29589)

体中の何処にでも出来る良性の皮下腫瘍です。多くは背中や項、顔の頬や耳たぶなどにできて、俗に『脂肪の固まり』などといわれています。半球状の固まりとして触れ、真ん中にやや黒っぽい開口部が見られることもあります。皮膚に密着して周りより硬く触れます。
アテローム、粉瘤(ふんりゅう)、アテローマと言われるものは
一般的に「脂肪のかたまり」とも言われており、真ん中にやや黒い開口部が見られることもあるそうです。

良性の腫瘍ではありますが、そんなアテローム(粉瘤)は自分で見つけたらどうしたらよいのでしょうか?
身体のどこにでもできますが、顔、首、背中、耳のうしろなどにできやすい傾向があります。やや盛り上がった数mmから数cmの半球状のしこり(腫瘍)で、しばしば中央に黒点状の開口部があり、強く圧迫すると、臭くてドロドロしたネリ状の物質が出てくることがあります(資料1、2、3)。

アテローム(粉瘤)の原因ってなに?

gettyimages (29590)

実はアテローム(粉瘤)ができる原因はわからないと言われているんです。

怪我や打撲などの外傷やニキビ跡などの皮膚の上皮成分が皮内や皮下に落ちて袋を形成して、
そこがアテローム(粉瘤)になることが多いそうです。

アテローム(粉瘤)は自分で除去できる?

gettyimages (29591)

初めて粉瘤ができると、どのように対処したらいいのか分からず困ってしまう方もいらっしゃるでしょう。気になるからといって、ニキビと同じように粉瘤をつぶしてはいけません。

粉瘤をつぶして膿が出ると、その開口部から雑菌が入り込み、炎症を引き起こすおそれがあるのです。炎症を起こした粉瘤は、ひどい傷みや腫れを招いてしまいます。また、粉瘤をつぶしても完全になくなることはありません。
アテローム(粉瘤)ができたからと言って、
自分で潰してはいけません。

自分で潰してしまうと、そのまま炎症を引き起こして痛みや傷がひどくなったり
腫れてしまったりします。

しかも、「潰してもなくならない」のがアテローム(粉瘤)なんです。

アテローム(粉瘤)ができたらどうしたらいいの?

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《パーフォレーションって知ってる!?》自分の歯の状態をチェック◎

《パーフォレーションって知ってる!?》自分の歯の状態をチェック◎

パーフォレーションって知ってますか? パーフォレーションとは、穿孔、根管とは異なる部分に誤って穴が開いている状態のことです。 歯に穴が空いている状態を放っておくと危険なんです◎
こぐま | 92 view
【歯並びの矯正の種類◎】矯正歯科はいくらかかるの?どれくらいの期間?

【歯並びの矯正の種類◎】矯正歯科はいくらかかるの?どれくらいの期間?

歯並びで悩んでいる方。自力で治すことはなかなか難しいのが現状。歯の矯正治療はほとんどの場合、健康保険が適用されない自由診療なんです。そのため、歯並びを矯正したい!と思った時どうすればいいのでしょうか?種類と相場についてご紹介します!
こぐま | 98 view
【オシャレが招いた悲劇】ピアスの穴が臭い問題

【オシャレが招いた悲劇】ピアスの穴が臭い問題

ピアスホールが臭い!?何気なく臭いと感じる"ニオイ"に気づいたことはありませんか?せっかくおしゃれのために開けたピアス。それが臭いだなんて残念ですよね。今回は、ピアスホールの臭いケアや、原因とその対策をご紹介します。
y | 81 view
【至急チェック!】PC・スマホで斜視になる人増えてます。。

【至急チェック!】PC・スマホで斜視になる人増えてます。。

斜視という言葉を耳にしたことはありますか?これは、両眼の視線が正しく見る目標に向かわないものをいいます。実は子供や若い人にこの"斜視"が増えているんです!その原因は普段目にしている〇〇にあるようで...
y | 79 view
【歯の骨髄炎って知ってる!?】骨髄炎の症状や治療方法について◎

【歯の骨髄炎って知ってる!?】骨髄炎の症状や治療方法について◎

骨髄炎というと細菌感染による、骨髄の炎症のことを言います。 そんな骨髄炎、「歯」にもあるって知っていましたか?骨髄炎の原因や症状、また治療方法についてもご紹介いたします。
こぐま | 1,725 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

こぐま こぐま