2017年7月31日 更新

【アフターケアが鍵を握る】夏の日焼け治療はすぐ行うのがベスト◎

夏は日焼けをしやすい季節です。夏の日焼け対策は十分にしていても、日焼けしてしまった…なんて経験も多いのではないでしょうか?日焼けをした肌は「すぐに」治療を行うことが大切です。でも「治療」って本当に必要なんでしょうか?

60 view お気に入り 0

夏の日焼けについて◎

thinkstock (10466)

日焼けをしてしまった肌。
赤くヒリヒリしたり、黒くなったり、皮がむけたり…

そんな日焼け肌は「治療」した方がいいと聞きますよね?

でも治療ってなにをすればいいのでしょうか?

紫外線の基礎について

1,紫外線UV-Aについて

thinkstock (10467)

UVAは、地表に届く全紫外線のうち約95%を占めます。それ自体のエネルギーは弱いものの、照射量が多く、浸透力が高いので肌に与える影響は深刻。その結果、UVAを浴びた肌は弾力を失い、シワやたるみといった肌の老化現象を引き起こすと考えられています。UVAはさらに、メラニン色素の合成を増やし、シミが目立つ原因をつくります。
UVAは紫外線の95%を占めます。
すぐに肌に影響ができるわけではありませんが、ずっと蓄積され続けるUVA。
浸透力が高いのが特徴です。

いわゆる「シミ」「シワ」「そばかす」の原因になりやすい日焼けタイプです。

2,紫外線UV-Bについて

thinkstock (10468)

UVBは、全紫外線の約5%を占めます。おもに肌の表面で吸収されるため、肌の奥の真皮層まで達することはほとんどありませんが、UVAより強いエネルギーを持ちます。浴びたUVBは表皮に影響を与え、細胞を損傷して火傷のように赤くなったり(サンバーン)、メラニン色素が沈着して褐色になったり(サンタン)、シミやソバカスの原因にもなります。
UVBは見た目に出やすい日焼けタイプです。
赤くなったり黒くなったりするため、火傷のような症状を伴います。

実は「焼けたくない!」と対策しているメラニン色素の沈着にもなるのはこちらの紫外線ですね。

治療について◎

thinkstock (10478)

紫外線を浴びたら、日焼け対策治療はすべきなのでしょうか?

実は日焼けしてしまったら3日以内に治療することが重要なんです!
治療を行うことでその後のシミやシワの予防にもつながります。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《トラブル要注意!》実は…夏の終わりの肌ケアが一番大切◎

《トラブル要注意!》実は…夏の終わりの肌ケアが一番大切◎

夏も終わり、スキンケアも気を抜きやすい時期。 今までは紫外線対策をたっぷりしていたのに、夏の終わりはどうしても怠ってしまう…なんてダメウーマン!!夏の終わりの肌ケアが重要だったんです。
こぐま | 71 view
【日焼け後の正しいケア◎】日焼けで赤みが出る原因と対処方法!

【日焼け後の正しいケア◎】日焼けで赤みが出る原因と対処方法!

日焼けすると、赤くなることがありますよね。肌が赤くなると、痛い・痒いといった症状が出ることがありますよね◎なんで肌が赤くなるんでしょうか。そして、赤くなった後にどうしたらいいのでしょうか?
るんたった | 86 view
【シミ・シワ!肌老化を防ぐ◎】紫外線のダメージケアの方法

【シミ・シワ!肌老化を防ぐ◎】紫外線のダメージケアの方法

夏に気をつけたい紫外線。紫外線によって肌は老化するんです。シミやそばかし、シワ、乾燥…そんな肌トラブルを悪化させる紫外線。そんな「老化」を防ぐためにできる、肌のダメージケアについてご紹介します。
るんたった | 52 view
《絶対焼きたくない人に!》人気の日焼け止めクリーム5選♡

《絶対焼きたくない人に!》人気の日焼け止めクリーム5選♡

最近、猛暑日が続いていますね。どんどん紫外線が強くなり、日焼けが怖くなってきます。絶対焼きたくない!美白を目指したい!そんな人におすすめの人気の日焼け止めクリームをご紹介いたします!
るんたった | 67 view
《日焼けしたあとが大切!》日焼け後の正しいアフターケア♡

《日焼けしたあとが大切!》日焼け後の正しいアフターケア♡

日々日焼けをしないように気を配っている方は多いのではないでしょうか?絶対に焼きたくない!でも焼けてしまった…そんな日焼け後の「アフターケア」が大切なんです!アフターケアを知って、日焼け後の肌も守りましょう♡
るんたった | 76 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

るんたった るんたった