2018年5月7日 更新

《重要かも!》朝ごはんを抜くデメリットは意外にもたくさん◎

子どもの頃、よく「朝ご飯を食べないと力が出ないよ」「朝ご飯を抜くと頭がしっかり働かないよ」などと言われた経験はありませんか?実は、朝食を抜くことによるデメリットは、科学的にも実証されているようです。今回は朝ごはんを抜くデメリットを紹介致します◎

79 view お気に入り 0

朝食は食べてる?

gettyimages (24668)

忙しい朝つい朝食を摂らずに出かけてしまうなど
日常的に朝食を抜いてしまっていませんか?
gettyimages (24669)

実は朝食を抜くことには様々なデメリットがあり、
身体に悪影響を及ぼす危険性が指摘されているようです。
今回はいくつかそのデメリットをご紹介致します◎

朝ごはんを抜くデメリット【1】肥満になりやすい

gettyimages (24670)

朝食を抜いてしまうと、血糖が低下することで食欲が増進します。
その分、昼食や夕食時に食べ過ぎてしまうようになります。
istockphoto (24671)

急激な血糖値の上昇を招き、
血糖を脂肪へと変えるインスリンが多く分泌されてしまい、肥満の原因となってしまうようです。

朝ごはんを抜くデメリット【2】糖尿病になる恐れが

gettyimages (24672)

糖尿病にかかっている人の中に、
朝食を摂っていない人が多くいるという結果がでたようです。
朝食が全ての原因ではないと思いますが、朝食を摂るのを心がけることをおすすめです。

朝ごはんを抜くデメリット【3】集中力の低下

gettyimages (24673)

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ベラ ベラ