2019年5月31日 更新

【原因はこれだった!?】子供の集中力が持たない最大の理由は〇〇○!!

子供に勉強してもらいたいと思っていても「すぐに気が散って別のことをしている」「だらだらと勉強してる」など、子供の集中力が続かないことに悩んでいるお母さんは多いと思います。その原因は何にあるか知って改善したいですよね?今回は、子供の集中力を高める方法と、保護者ができるサポートについていくつかご紹介いたします◎

33 view お気に入り 0

集中力が続かない...

 (38047)

勉強していても、すぐに「疲れた」と言って休んでいることはないですか?集中力が続く、いい方法はないか知りたいですよね。
好きなことなら何時間でもできるのに、勉強は続かないという子供には、勉強の集中を妨げる原因がなにかあるかもしれません。今回はその原因をいくつかご紹介していきます。

【集中力が続かない原因】1.身体的の問題

 (38049)

空腹、睡眠不足、栄養不足、体調不良などの状態にあったら、大人でも集中するのは難しいですよね。子供も同じように集中できない理由にこのような問題があるかもしれません。普段の生活を見直して、思い当たる節があれば解決しましょう。

【集中力が続かない原因】2.勉強が楽しくない

 (38052)

得意科目なら集中できるのに、苦手科目になると続かないということはありませんか?その場合は、勉強が楽しくないということに当てはまる可能性が高いようです。

好きな科目はどんどんノートが進むけど、苦手な科目はいつまでも手つかずのままという経験もみなさんお持ちだと思います。苦手なことって、集中するのにパワーがいりますよね。

【集中力が続かない原因】3.ストレスがある

 (38055)

勉強以外にやりたいことがあって、そちらに気が向いてしまっているかもしれません。学校でイヤなことがあったり、勉強や部活動についていけない不安があったりして、ゆっくり勉強するどころではないのかもしれません。お子さんの様子を観察するのが大切ですね。

《集中力を持続させるには》休憩をはさむ

 (38058)

人間の集中力は1時間くらいしかもたないと言われているそうです。それ以上がんばっても、効率は落ちていくそうですよ。「疲れた・眠い・飽きた」は脳が休みたがっているサインと考えましょう。

たとえば30分勉強するごとに約5分、1時間勉強するごとに約10分、休みをはさんでみる事をお子さんに提案してみましょう。眠いときは仮眠をとるのもおすすめですよ。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

ベラ ベラ