2017年7月1日 更新

【セルフチェック◎】女性に多い「乳がん」のしこりの特徴とは?

最近認知が増えている「乳がん」。実は女性のガンの中でも一番多いと言われているのが乳がんなんです。 乳がんは早期発見が重要ですが、検査は40歳からとなっています。自分でもできるセルフチェックでしこりの場所や特徴を知りましょう。

99 view お気に入り 0

女性の年齢別のがん患者数

<出典>独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター:地域がん登録全国推計によるがん罹患データ(2008年)、及び人口動態統計によるがん死亡データ(2012年)より作成 (9269)

日本ではマンモグラフィ検査による乳がん検診は放射線被ばくの議論もあり40歳以上に推奨されているため、それより若年層では乳がんの早期発見が難しく、病状が進んだ状態で診断されることが多くなっています。早期発見のためには、30歳台後半から超音波検査による検診や、視触診による自己検診を習慣づけるなどの注意が必要です。
乳がんとは乳房の乳腺部分にできるガンのことを指し、
その部分にしこりができるのが特徴です。

乳がんのしこりを発見するためにも乳がん検査がありますが、
実際には40歳以上が推奨されており、早期発見がまだまだ難しいとも言われています。

乳がんの「しこり」の特徴

istockphoto (9274)

乳がんの特徴と言えば「しこり」です。

乳がんは、早期発見であれば約90%以上が治るとも言われております。
自覚症状がなくても定期的に検診を受けたり、しこりの特徴を知ってセルフチェックを行いましょう。

乳がんのしこりの特徴:硬さや感触

thinkstock (9277)

典型的な癌の触診所見は「硬く石ころのように触れる」ですが、例えば、非浸潤性乳管癌(超早期:0期)のように「しこりなのか迷うような」凹凸所見(硬結)もあります。
胸を触ってしこりチェックをしてみましょう!
乳がんのしこりの特徴としては「硬く石ころに触れる」と言われています。
もちろん、早期段階ではそこまで至っていない場合もあるので
特徴はもちろん重要ですが、しこりを見つけた場合は医師に相談しましょう◎

乳がんのしこりの特徴:痛み

gettyimages (9281)

乳がんのしこりの特徴としては「痛みはない」と一般的には言われていますが、
「乳がんは痛くないもの」という固定観念を持つのは危険です◎

実際に痛みがあっても、乳がんである可能性もゼロではありません。
片方だけ痛かったり、痛みが持続する場合は乳がんの可能性も捨て切れません。

乳がんのしこりの特徴:大きさ

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【社会人失格なんて言わせない】簡単なビジネス用語をマスター!!

【社会人失格なんて言わせない】簡単なビジネス用語をマスター!!

社会人になって戸惑うのが、先輩たちが使っているビジネス用語・・・。 みんな当たり前に使っているけど今まで触れてこなかったからわからない!早めにマスターするために、まずは簡単なビジネス用語をご紹介いたします!
こぐま | 87 view
「付き合いきれねえ・・・」こじらせ女子のうざい行動3選

「付き合いきれねえ・・・」こじらせ女子のうざい行動3選

あなたの周りにはいませんか?こじらせ女子。 いわゆる「こじらせ女子」とは、「自分が女である」ことを素直に認められず、自意識や自己評価をこじらせた女性のこと。そんな女性の行動にうんざりしている女性も多いようです。
こぐま | 32 view
【仁義なき女の戦い】生理中に女性がしていること3選◎

【仁義なき女の戦い】生理中に女性がしていること3選◎

女性にとって、生理は月に1回やってくるもの。働く女性の敵ですよね。 働く女性が生理期間中のウィークデーにやっていることはどんなことなんでしょうか?そんな女性が行なっていることをご紹介いたします。
こぐま | 27 view
あんたブス!あんたもブス!ひとり飛ばさないであんたもブス!

あんたブス!あんたもブス!ひとり飛ばさないであんたもブス!

ブスと言っても外見ではなく、内面的なブスなど色々あります。しかし、共通してブスな女は、男性に嫌われがちですし、ブスな女になりたいという女性はいないですよね。 もしかしたら知らず知らずのうちに、ブス女に認定されているかもしれません。
y | 43 view
【褒め上手なメンズは最高だ!】女子の共感半端ないモテメンについて

【褒め上手なメンズは最高だ!】女子の共感半端ないモテメンについて

褒め上手の男子。褒め下手の男子。あなたならどちらを選びますか? もちろん褒め上手ですよね。褒められて嬉しくない人はいません。特に婚活、結婚したいと思っているのなら、あなたも、褒め上手である必要があるかもしれません!
y | 17 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

るんたった るんたった