2018年3月5日 更新

【ごつごつ顔にお別れ!】キメ細かい肌の作り方を伝授します♡

街を歩けば、顔のてかてかした女の子たちが、楽しそうに歩いています。あの、てかてかはメイク?そう思っていあたら大間違い。ベースの肌が、きめ細かいのです。今日はそんな、つるんとゆでたまごのような肌の作り方を伝授します♡

126 view お気に入り 0

肌のきめって何?

そもそも、

「肌のきめとは何でしょうか?」

皮膚の表面には無数の溝(皮溝/ひこう)と、
その溝によってできた盛り上がり(皮丘/ひきゅう)があります。

gettyimages (22094)

皮溝の幅が細く、皮丘の形(三角形をしている)が小さく、
規則正しく並んでいる状態を

「キメが細かい」
「キメが整っている」と言い、

反対に溝が太くて皮丘が大きいと

「キメが粗い」と言います。

キメの細かく整っている肌は、
毛穴も目立たず肌表面もつるんとしています。

光を多く取り込み反射するので肌が輝いて見え、
透明感も生まれるということなんです!

キメが荒れる原因とは?

キメの細かさ、
粗さは生まれつきのもので人によって違いがありますが、

温度や湿度といった環境によるものや
紫外線などによるダメージ、
ストレスなどの内的なものによっても変化します。

thinkstock (22098)

特に影響を受けやすいのが乾燥です。
皮丘が水分をしっかり含んでいると、
膨らみも良くふっくらとした肌を保つことができますが、

逆に皮丘内の水分が不足するとしぼみ、たるんでしまいます。
gettyimages (22101)

ダメージによりキメが乱れた肌は、
皮膚のザラつきが目立ち硬くごわついた肌触りで毛穴も目立ち、

ハリ・ツヤも失われます。乾燥による小ジワも増えてしまいます。

さらに、皮丘の大きさが不揃いなため光の反射が弱まり、
肌の色がくすんで見えます。

メイクのノリも悪く、崩れやすさの原因にもなるようです。

紫外線を防ぎましょう◎

紫外線はターンオーバー(肌の新陳代謝)を妨げる原因の1つです。

ターンオーバーの周期が乱れることで、
古くなった角質が肌に残ったり、

逆にターンオーバーが異常に早まったりして、
キメの乱れの原因になります。
gettyimages (22104)

紫外線対策を万全にすると同時に、

古くなった角質を取り除くケア(ピーリング石鹸を使った洗顔など)を
適度に取り入れてみましょう♡

生活習慣を整えましょう!

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【SNSで話題のたまご化粧水】プチプラの化粧水がいい◎

【SNSで話題のたまご化粧水】プチプラの化粧水がいい◎

みなさん、巷で話題の「たまご化粧水」ってご存知ですか? たまご化粧水がすごいと噂されているんです。そしてたまご化粧水、なんとプチプラ♡だから使いやすいのも魅力のようです!たまご化粧水のポイントをご紹介いたします!
こぐま | 134 view
【手汗がひどい!!】彼氏とつなぐその前に♡手汗を止める方法

【手汗がひどい!!】彼氏とつなぐその前に♡手汗を止める方法

彼氏ができて、手を繋ぎたい。 冬までは良かった、冬までは良かったんだけど、夏は手汗が激しい!!できれば手汗を止めたいですよね♡日常でもよくある事をプレッシャーに感じている・・・そんな「手汗をかきやすい」という悩みを人は多いんです。
こぐま | 73 view
【スキンケア以上整形未満!】眉間のシワ撃退方法!!シワをやっつけろ★

【スキンケア以上整形未満!】眉間のシワ撃退方法!!シワをやっつけろ★

色々と悩んだり、考え事したりすると、、眉間にシワが・・・。 一回できてしまったシワはなかなか取ることができません。でも、その眉間のシワ、整形して取るまででもないですよね。そんなシワ。どうやって撃退しますか?
こぐま | 39 view
【肌の光老化って知ってる?】老化の原因の80%は夏の紫外線!?

【肌の光老化って知ってる?】老化の原因の80%は夏の紫外線!?

光老化ってご存知でしょうか? 光老化のうち、80%は夏の紫外線だと言われています。肌の老化の原因となる紫外線。紫外線をよく浴びる顔や手は、特に「光老化」が進みやすい部分です。夏は特に紫外線が強い時期。対策方法を知りましょう!
こぐま | 42 view
【肌ケアしたい!!】でも顔の赤みに効く「白漢しろ彩」はステマが多い!?

【肌ケアしたい!!】でも顔の赤みに効く「白漢しろ彩」はステマが多い!?

白漢しろ彩という商品をご存知でしょうか? バリア機能を高めてお肌をケアするしっとり高保湿のセラミドクリームですが、 実は口コミはステマ多い?!とも言われています。本当なのでしょうじゃ?
こぐま | 56 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

y y