2018年9月10日 更新

受け継ぎ愛されるゼリア新薬の【イオナRエモリエントクリームネオ】

鏡を見るたび気になる年齢肌..何をどうすれば良いのかわからなくて、結局何もしないまま...なんていう人も多いのではないでしょうか?それではもったいない!誰でも一度は耳にしたことのある大手製薬会社”ゼリア新薬”の優秀保湿クリーム【イオナRエモリエントクリームネオ】をご存知ですか?

113 view お気に入り 0

年齢肌が気になるあなた!その原因〇〇にあり!?

gettyimages (27785)

「〇〇さん、疲れてない?」
なんて、全く疲れていない時に声をかけらることが多くなったな...
そんな経験皆さんありませんか?

それ、年齢肌が
あなたの表情を暗くしている原因かも!?
原因を徹底解明していきます!

おとなの乾燥肌対策×

乾燥対策として、
肌の保湿ケアの徹底や加湿器を取り入れる等、
私たちは様々な乾燥対策を行っています。

しかし!
実は、知らず知らずにやっていることが
乾燥肌を助長させてしまっているようなんです...
gettyimages (27788)

大人の肌は加齢と共に新陳代謝が悪くなっていきます。
30代からはどんどん新陳代謝のサイクルが長くなり、
30代は30~40日、40代は35~50日、50代は40日~70日、60代は45日~90日.......

年を重ねるにつれて、新陳代謝周期が恐ろしいほどに長くなります。
gettyimages (27791)

最も肌がきれいに保てる
新陳代謝のベスト周期、28日周期に近づくためには
毎日のお風呂の入り方を変えるだけで、
簡単に、手軽に新陳代謝がアップし、
乾燥知らずのみずみずしい肌をめざせます♡

その習慣大丈夫?正しい入浴方法◎

<40℃前後が代謝能力を促進>
肌の「汗腺」から出る汗と「皮脂腺」から出る皮脂が混じって「皮脂膜」ができます。
この「皮脂膜」が天然の保湿クリームとなり、
肌の水分が蒸発しないように保護するんです!
gettyimages (27795)

熱いお湯は肌の水分量を減らしてしまうため、
高くても40℃前後がおすすめなんだとか!
適度に体を温め、代謝能力を促進し、汗をかくことで、
肌表面の皮脂と混じって皮脂膜を作り、
乾燥肌に自らスキンケアする能力を高めてくれるんですよ♡
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ALL1000円以下◎プチプラ保湿♡】おすすめの化粧水・クリーム・美容液◎

【ALL1000円以下◎プチプラ保湿♡】おすすめの化粧水・クリーム・美容液◎

これから秋・冬にかけて「乾燥」が目立つ時期ですね。しっかり保湿したいあなたにおすすめ♡ でも「プチプラ」で「安く」叶えたい!というお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?今回は「プチプラ」で叶う化粧水・クリーム・美容液をご紹介いたします!
こぐま | 315 view
《眩しい!魅力的な女性は髪の毛から》輝けキューティクル!潤え艶髪◎

《眩しい!魅力的な女性は髪の毛から》輝けキューティクル!潤え艶髪◎

゛ふっ”と風が吹いた時に、さらさらと艶めく髪をなびかせている女性は、魅力的だなと感じたことはありませんか?しかし、冬は頭皮も乾燥し、髪の毛も、きしみがちです。この季節だからこそ、キラリと輝く艶髪の作り方をご紹介します♡
y | 96 view
【おすすめ化粧水5選】乾燥肌を保湿するにはまず「化粧水」を見直そう

【おすすめ化粧水5選】乾燥肌を保湿するにはまず「化粧水」を見直そう

これから秋・冬にかけて「乾燥」が目立つ時期ですね。しっかり保湿したいあなたにおすすめ♡ 乾燥しやすい肌はまずたっぷりの「水分」で保湿してあげたいですよね。そんな欠かせないアイテムの1つである「化粧水」をご紹介いたします!これであなたもカサカサの乾燥肌を改善できる!
こぐま | 79 view
【オススメの保湿美容液♡】高保湿美容液を使ってこの秋・冬を乗り切ろう

【オススメの保湿美容液♡】高保湿美容液を使ってこの秋・冬を乗り切ろう

これから秋・冬にかけて「乾燥」が目立つ時期ですね。しっかり保湿したいあなたにおすすめ♡ 乾燥しやすい肌。年齢を重ねると重要視するのが「美容液」ですよね!そんな保湿力抜群の高保湿美容液をご紹介いたします!これであなたもカサカサの乾燥肌を改善できる!
こぐま | 57 view
【今年の夏で5歳老ける!?】2019年夏のスキンケアコスメ3選

【今年の夏で5歳老ける!?】2019年夏のスキンケアコスメ3選

実は夏は老けやすいという事実をご存知でしたか? 夏はしっかりスキンケアしてあげないと紫外線を通して、肌に影響が・・・。そこで今年2019年オススメのスキンケアコスメごご紹介いたします!
こぐま | 27 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

y y