2018年2月2日 更新

【幼児英語にはこれ!!】フォニックのおすすめ動画4選♡

フォニックスとは聞いたことがありますか?英語圏の幼児たちはこのフォニックスで読み書きを覚えているようですね。今回は日本のお子さんにもわかりやすフォニック動画をご紹介いたします◎

132 view お気に入り 0

フォニックスとは?

thinkstock (20161)

フォニックスとは、発音と文字の関係性を学ぶ音声学習法で、もともと英語圏の子どもたちに読み書きを教えるために開発されたものです。
アルファベット毎の発音を先に学ぶことで、知らない単語でも、耳で聞いただけでスペリングがわかり、正しく書くことができます。
私たちも子供の時に学んでおきたかったですね...
では、早速フォニックス入門編でもABCが分かる
おすすめ動画をご紹介していきます◎

幼児おすすめ動画◎mpi松香フォニックス公式『フォニックスチャンツ』

mpi松香フォニックス公式 フォニックスアルファベットジングル『フォニックスチャンツ』より

授業でも使用されているというこの動画。
アルファベット26文字の“名前”と“音”の違いをわかりやすい絵と文字で
学ぶことができます◎

幼児おすすめ動画◎Phonics Song with TWO Words

Phonics Song with TWO Words - A For Apple - ABC Alphabet Songs with Sounds for Children

耳に残る素敵な歌声とアニメが特徴です。

最初はゆっくり、後半少しスピードアップしていくので安心して動画を流せますよね。
何度でも繰り返せる動画としておすすめです◎

幼児おすすめ動画◎ABCフォニックスの歌集め

A~ZまでABCフォニックスの歌集め | 30分連続再生 | ピンクフォン英語童謡

この動画の特徴は、30分流しっぱなしができることです。
ピンクフォンのフォニックスの歌シリーズは、
面白いストーリーと歌を楽しむ間に自然と発音を身に付けるように作られているようです◎

幼児おすすめ動画◎ボス先生を独り占め!フォニックスのレッスン編

ボス先生を独り占め!・・・フォニックスのレッスン編

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【幼児教育から導入を!!】正しい英語が学べるフォニックスの特徴3選♡

【幼児教育から導入を!!】正しい英語が学べるフォニックスの特徴3選♡

近年英語教育が話題になっていますよね。世界で比べると日本人は英文法はできるけど発音が苦手なのが特徴です。それは日本の英語教育が関わっているようです。今回は日本人が苦手とする正しい英語発音を幼児時期から教えられるフォニックスの特徴をご紹介いたします。
ベラ | 74 view
英語を母国語のように覚えられる!?「トータルフィジカルレスポンス」って?

英語を母国語のように覚えられる!?「トータルフィジカルレスポンス」って?

現在日本にあるさまざまな英語教室でトータルフィジカルレスポンスを使った英語の授業が実践されているのをご存じですか?トータルフィジカルレスポンスは英語圏の国々では一般的な指導方法として、特に英語圏以外の国からやってきた子ども達に英語を教育する際に役に立つ指導法として使われています。いったいTPRを使った英語の授業とはどのようなものかご紹介していきます◎
ベラ | 227 view
【スマホアプリは飽きさせない!!】英語教育におすすめなアプリ4選♡

【スマホアプリは飽きさせない!!】英語教育におすすめなアプリ4選♡

近年、英語の子ども向けアプリがとても人気です。人気の理由は「飽きない」「楽しみながら学べる」ことにあるでしょう◎英語の幼児教育を早く始めさせたい、と考えている保護者の皆さんにおすすめのアプリをいくつかご紹介いたします!
ベラ | 79 view
【小学生からはもう遅い!?】幼児が英語を学ぶタイミングはこれ!!

【小学生からはもう遅い!?】幼児が英語を学ぶタイミングはこれ!!

2020年の指導要領変更に伴い、英語教育が注目されています。幼児から英語を学ばせる家庭も増えているなかで、保護者たちはどうやってお子さんたちに正しい英語を教えるべきでしょうか。今回は幼児向けのおすすめ英語勉強方法をご紹介いたします◎
ベラ | 82 view
【0歳から6歳まで対応◎】子供用スピードラーニングの効果とは♡

【0歳から6歳まで対応◎】子供用スピードラーニングの効果とは♡

スピードラーニングは英語教材としてよく耳にしますよね。そんなスピードラーニングに0歳〜6歳を対象にしたキッズ教材があることをご存知でしたか?今回は幼児英語教材として使えるスピードラーニング・キッズをご紹介いたします◎
ベラ | 72 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ベラ ベラ