2019年5月31日 更新

《男女での違いも》子供の反抗期はどう対策するのがベスト?

幼児期から幼稚園児になるとしっかりと言葉を話すことができ、様々な身体運動もできるようになってきますよね。そんなときに反抗期が重なると、暴れたり、巧みな言葉で口答えしてきたり大変な時期もあります。今回は、子供の反抗期について、対策や男女の違いをご紹介いたします◎

41 view お気に入り 0

子供の反抗期とは?

 (37663)

反抗期とは、自己主張をしたい欲求が生まれ、親からの指示を拒否したり、指示とは反対のことをしたりする時期のことを言います。

子供の反抗期には「いやいや期」と言われる第1次反抗期と中学生頃から始まる第2次反抗期があります。
 (37665)

反抗期が起こるということを知らないとパニックになってしまうかもしれませんね。反抗期は子供が成長するための一つの過程としてよくあることなのでしっかり対策を知って備えましょう◎

【子供の反抗期対策】1.子供に選択させる

 (37669)

子供に選択肢を与え選ばせてあげるといいようです。

外に出るのが嫌がる時は、「車に乗っていく?」「電車でいく?」など選択肢を与えてあげましょう◎こういったやりとりをすることで、子供の注意が他のものにそれて、言うことを聞いてくれることがあるみたいですよ。
 (37672)

それでも嫌がるときは、とことんやりたいことをやらせてあげましょう。子供は自分の意見を親に却下されると、ストレスを感じてしまいます。子供の自由にさせるのも親のひとつの大切な役目ですね。

【子供の反抗期対策】2.親が感情的にならない

 (37677)

親が感情的に怒ってしまうと、子供はなぜ怒られているのか分かりません。また、子供は親からの反応が大きいと、それを面白がってあえて反抗的な態度をとることもあるようです。

頭ごなしに叱ったり注意したりするのではなく、「そんな言葉を使ったら相手が悲しい気持ちになるから使わないようにしよう」など理由をきちんと説明しながら、冷静に対応しましょう。

【子供の反抗期対策】3.話を聞いてあげる

 (37682)

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

ベラ ベラ