2019年2月23日 更新

【諦めないで!!】マムシ指でもピアノを弾けるための練習方法

「マムシ指」ってご存知ですか?あまり耳馴染みのない、マムシ指。 実はピアノを弾くためには大変だったんです。だけど、マムシ指だからってピアノを諦めるなんてもったいない! マムシ指でもピアノが弾けるための練習方法などご紹介いたします。

114 view お気に入り 0

マムシ指ってなに?

gettyimages (34733)

指が正常より短いもので、手の指より足の指(とくに第四指)に多く、成長とともに目立つようになり、女性に多くみられます。
マムシ指は別名「指短症」とも呼ばれています。
美容的には短い指をのばす手術も可能とは言われています。

ピアノをしている人は指が長いほうが弾きやすいですよね!
だからこそマムシ指の人は苦労するそうです。

ピアノの「マムシ指」って?

gettyimages (34734)

実はピアノの世界では「マムシ指」は少し違うそうで・・・
指の第一関節がへこむことを「マムシ指」と呼んでいるようです。

ピアノを弾くときマムシ指が苦労する理由

gettyimages (34735)

・ピアノを弾く際に指の第1関節がへこんでしまうこと
・第3関節がへこんでしまうこと

これらはピアノの世界ではNGと言われているんです。
そんなマムシ指の人は、第一関節がへこむことを直さないと綺麗な演奏ができません。

第1・第3関節がへこむと?

gettyimages (34736)

マムシ指のように、第一関節がへこむと
「音を出すのが難しく感じられる」のがわかるかと思います。

曲がることでより力を入れなければいけませんし、音が出るまでにも時間がかかります。

ピアノを諦めないといけない!?

gettyimages (34747)

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

こぐま こぐま