2019年7月23日 更新

「話が噛み合わない…」一緒にいて苦痛に感じるママ友の特徴5パターン

子供がいると「ママ友」ができますよね。垣根を越えて、本当の友だちのように感じているママ友がいる人もいるかもしれません。一方で一緒にいることが苦痛に感じてしまうママ友もいるかもしれません。今回は苦痛に感じるママ友の特徴をいくつかご紹介いたします。

69 view お気に入り 0

苦痛に感じるママ友がいる...

gettyimages (40851)

赤ちゃんが生まれると、子供を通してママとのおつきあいも始まります。でも、気心が知れた学生時代の友達と違って、子供つながりのおつきあいは難しいものですよね。苦痛に感じるママ友がいることは当たり前かもしれません。今回は一緒にいて苦痛に感じるママ友の特徴5つをご紹介していきます。

【苦痛に感じるママ友の特徴】1.人の悪口を言う人

gettyimages (40850)

本人がいない所で悪口を言うママは性格が悪いと判断されてしまいます。同じ人物を知る人がいるとついつい人の悪口を話題にしてしまう人もいますが、そんなことをしても自分の株が下がるだけです。もし自分自身も行っている気がするのであれば注意しましょう!

【苦痛に感じるママ友の特徴】2.嫌味を言ってくる人

gettyimages (40849)

陰口も嫌ですが嫌味を言われるのも嫌ですね。心の底から嫌なことがあるのなら、面と向かって嫌味ではなく誠心誠意話すようにしてみるのをおすすめします!

【苦痛に感じるママ友の特徴】3.おしゃべりな人

gettyimages (40848)

自分の個人情報が知らない間に知れ渡っているのはびっくりしてしまうものです。ただ、おしゃべりなママはどこにでもいるもの。気を許したとしても、言われて困ることは言わないようにするのが得策です。

【苦痛に感じるママ友の特徴】4.仲間はずれをわざわざ言ってくる人

gettyimages (40847)

「あなた仲間外れなのよ」と遠回しに言ってくるママは何が目的なのでしょうか? 言われた方は、間違いなくいい気分でないことは確かですよね。自分が気にくわないからと、周りのママにも仲良くしないように仕向けるママも多くいるそうです。気をつけましょう。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

《使い分けはコレでバッチリ!》ずつとづつの違いの教え方は?

《使い分けはコレでバッチリ!》ずつとづつの違いの教え方は?

よく「ずつ」、「づつ」という言葉を使う機会がありますよね。例えば、「一人ずつ」と「一人づつ」、「1個ずつ」と「1個づつ」、「少しずつ」と「少しづつ」など、「ずつ」と「づつ」のどちらが正しいのか?子供に聞かれたら何と答えていますか?今回は、「ずつ」と「づつ」の違い、使い分けについてご紹介いたします。
ベラ | 38 view
《適応障害の可能性は?》不登校の3つのタイプはこれ◎

《適応障害の可能性は?》不登校の3つのタイプはこれ◎

朝、声をかけると体調が悪そうだったのに…。昼には元気になって、お昼ご飯もしっかり食べてるし、楽しそうにゲームしたり、漫画を読んだりしてる。明日は大丈夫だろうと思っていたら、次の日も同じことの繰り返し。もしかしたら、お子さんが学校に行けないのは、『適応障害』が原因かもしれません。今回は不登校の原因をいくつかご紹介していきます。
ベラ | 82 view
《悲報...》子供の暴走が止まらない原因は〇〇〇〇にあった!!

《悲報...》子供の暴走が止まらない原因は〇〇〇〇にあった!!

自分のお子さんが暴走していると感じていませんか?小学校低学年の子供達が勝手な行動をする暴走子供達が増えているようです。その恐れがあるとしたら早めに改善することが大切です。今回は暴走する子供達の原因をいくつかご紹介いたします。
ベラ | 79 view
【これからどうなる?】怒りのやすい子供の3つの特徴とその結末とは?

【これからどうなる?】怒りのやすい子供の3つの特徴とその結末とは?

今まで真面目な子供だったのに最近怒りやすくなった..なんてことはないですか?もしかしたらその原因は親の言動や行動が原因かもしれません。今回は、子供が怒りやすくなる3つの特徴とその改善方法をいくつかご紹介いたします◎
ベラ | 117 view
【子供の思春期◎】男の子の第二次性徴期の特徴とは?何が起こるの?

【子供の思春期◎】男の子の第二次性徴期の特徴とは?何が起こるの?

第二次性徴はご存知ですか?第二次性徴を迎える子供がいるお母さんは、子供の心や体がどのように変化するのか、不安が大きいのですよね。今回は、第二次性徴の特徴やその注意点などご紹介いたします◎
ベラ | 136 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ベラ ベラ